HOME > LIGHT'S BLOG > 腐らないウッドデッキ材リプラと本物の無垢の木の上手な使い分け方

LIGHT'S BLOG

< 天井裏で仕事してると下では悪代官の話が・・・  |  一覧へ戻る  |  春が近いのかな(^-^)ウッドデッキ問い合わせ急上昇!! >

腐らないウッドデッキ材リプラと本物の無垢の木の上手な使い分け方

木が好きな方は多く

やっぱり住宅にウッドデッキが付いているのと

付いてないのでは

イメージが大きく変り、付いていると

やさしい感じの色合いとやわらかな雰囲気が

癒しの空間をもたらしてくれ。

リビングから外のデッキを見ると

部屋に奥行き感ができて大きく見えますが

自分としてはどうしても木だと腐ってしまい

年月と共に風化してしまうのが嫌で

ペットボトルで出来ている

リサイクルプラスチック製のデッキをお勧めしていますが、

逆に家の中にはビニールクロスより自然な木や珪藻土など

自然を生かした材料を仕上げに使うほうが好きですね。

木や珪藻土は、湿気を取ってくれたり自然の香りがし

住んでいる家族やペット達が健康で暮らせるような空間になります。

外部は腐る心配の無い偽木(ペットボトル再生材)、

内側は本物の木。

その上手な使い分け方をアドバイスしています。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 腐らないウッドデッキ材リプラと本物の無垢の木の上手な使い分け方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.lights-eco.jp/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/102

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

< 天井裏で仕事してると下では悪代官の話が・・・  |  一覧へ戻る  |  春が近いのかな(^-^)ウッドデッキ問い合わせ急上昇!! >

このページのトップへ